こんなところに症状は出ていませんか
日常生活を送る上で、私たち人間の身体は意識していないだけで、実は日々消耗しているのをご存知ですか?激しい運動、重労働をされる方だけに限らず、日々生活していると、健康な人でもどこかに痛みやコリを感じてしまうことはあります。年齢を重ねるほど、その傾向は「痛み」や「不調」という形で顕著に表れます。「これくらいの痛みならそのうち治る」と思うかもしれませんが、痛みのある状態が続いてしまうと、痛い部分をかばい、健康な部位まで痛めてしまう恐れもあるため、いち早く対処する必要があります。当院では、施術を行う際に心がけているのが、問診にて"しっかりとお話を聞くこと"です。まずは、患者様の自覚されている症状をお聞きした上で、適切な施術方法をご提案いたします。


肩
「とにかく首や肩が痛く、何をしていても痛むのがツライ」
以前事故などに遭った経験はございませんか?事故後は、症状が感じにくかったりすぐに出なくても、後々むち打ちなどの症状が出てくる場合もございます。痛みがダラダラと長引くのはとてもツライです。お早めにご相談ください。
腰
「不意に慣れない体勢をとり、腰を痛めてしまってツライ」
詳しく診察をしたいところですが、ぎっくり腰の可能性も考えられます。ぎっくり腰ですと、日常生活にも重大な支障が出てきますので、早期にお越しください。日常動作や痛みの緩和についてのアドバイスも行います。
肩
「肩の違和感がしつこく、肩が上がらず痛みがツライ」
年齢にもよりますが、四十肩・五十肩の可能性も感が考えられます。放っておいて時間をかければ治りますが、痛みというストレスから少しでも早く解放されるために、早め施術による対処をお勧めします。痛い部分をかばい、他への悪影響となることも今後考えられます。
関節
「身体を動かす際、頻繁に関節の痛みを感じてツライ」
立ち上がった時や歩いた時に関節の痛みを感じる場合は、膝関節症というものが考えられます。膝関節症は関節の変形も伴う大変な症状ですので、決して「これくらい」と軽視するのではなく、一刻も早く当院にて施術をおすすめします。
全身
「身体のあちこちが痛く、何をするにも億劫でツライ」
あちこちの痛みは体の部位に関わらず、神経痛は体中で起こる傾向があります。よくある症状ではあるのですが、神経痛と間違われるほかの症状もありますので、気になる場合は一度お来院の上ご相談ください。


「身体の痛みは身体からの危険信号
身体の専門家だからできる!もむだけのマッサージではよくならない首や肩の痛み・腰痛に膝の痛み、スポーツのケガや全身の疲れ。産後のケアに美容メニューアなど、様々なアプローチで総合的なケアを徳幸鍼灸整骨院にお任せください。